« 消費者集合訴訟制度 | Main | 法律事務所の海外拠点 »

08/01/2012

第2回法務系ライトニングトーク挙行さる

日付は既に昨日になりけるが此度第2回法務系ライトニングトークなる会合成功裡に終了せり○参加人数三十余内発表者二十人弱○以下は吾人が話したる時聴衆に開示せる資料なり諸人の参照になれば幸甚と存ず○尚自己紹介部分を削除せり○今回も亦時間を余らせて終了することは吾人の深く遺憾とする処なり

ぶれない法務
@keibunibu
今日の話は所謂「ぶれない法務」はいい法務なりやなり
世上法務はぶれざる事を以て旨とす
例へばビジネス法務2012年7月号にて八幡花王(株)法務部部長曰く「軸がぶれない」ことが法務の信頼性に直結す
同様・類似案件に関し、基本的な考え・判断はぶれるべからずとあり
吾人些かの疑問無しとせず
第一に
人を見て法を説くに非ざれば佳き法務と云ふべからず
危険察知能力高き人にはより冒険的な方策を助言し危険察知能力低き人にはより保守的な助言を行ふ
即ち人により言う事ぶれる事あり
又法務担当役員は保守的なる人多し
冒険的な新規事業には往々にして反対す
一方にて事業担当の助言の為事業推進の理屈考へ他方にて役員の求めに応じ事業反対の理屈を作る正に間諜と云ふべし
然し乍何れの求めにも全力で応じざれば法務として評価はされず
第二に
日々の助言限られた時間及び情報より導くにあれば爾後改説することも亦あるべし
法務の無謬の為従前の説に拘泥するは欺瞞に非ずして何ぞや
より良き意見を確信すれば仮令法務の信用を失しても新意見を言はざるべからず
第三に
事案が同様又は類似か否かは相対的なり
仮令法務が事案を異にすと雖も肯ざる向きもあり
何れにせよぶれるとの非難を避ける事能はず
しかしながらぶれる事により説得難しく信頼を失ふ事亦真実なり
各々之を凌駕する説得力を涵養し信頼を喪はざる人間力を涵養すべし
まとめとしては
ぶれざるを以て信頼を得るに如くは無し
必要とあらば変節漢との誹りを恐れず意見をすべし
説得力人間力の涵養は不可欠日々鍛錬あるべし

« 消費者集合訴訟制度 | Main | 法律事務所の海外拠点 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11729/55324885

Listed below are links to weblogs that reference 第2回法務系ライトニングトーク挙行さる:

» 第2回目の法務系ライトニングトークをやりました! [企業法務について]
いやぁ、あついですね。 いや、気温の話じゃなくて。第2回法務系LTですよ! 自分自身のタコツボってる閉塞感を打破するために、やりたいからやってみるというノリで始めた法務系ラ ... [Read More]

« 消費者集合訴訟制度 | Main | 法律事務所の海外拠点 »